不眠症治療におすすめのアロマオイル

不眠症の治療にアロマオイルを使うことがあります。うつ病などの心身の不調や日中の緊張が夜まで続いて眠れない場合は、自律神経のバランスが崩れるのが根本的な原因です。アロマオイルのリラックス効果は、自律神経を整えるので不眠も改善します。おすすめのアロマオイルは、ラベンダーです。寝室にラベンダーの香りを充満させると、睡眠薬を服用した時と同じくらい睡眠時間が長くなり熟睡できます。不眠症治療には特に真性ラベンダーが効果的です。真性ラベンダーのは酢酸リナリルが35%以上入っています。しかし中には真性ラベンダーと称しても、酢酸リナリルの割合が少ないことがあるため、成分表示をよく確認します。真性ラベンダーは、少しの量だけだと交感神経を刺激するので、かえって眠れなくなります。アロマオイルは決して安くありませんが、惜しんで使うとリラックスできません。浴槽には真性ラベンダーを3滴~5滴ほど入れます。またシダーウッドは香りをかぐと、心拍数が下がります。活発に反応する交感神経を抑制して、副交感神経が優位になるためです。副交感神経が活性化させれば、寝つきが良くなります。シダーウッドは夜中に目が覚めるのを防ぐので、質の良い睡眠がとれます。カモミールはお茶として親しまれています。カモミールには神経が興奮するのを抑える効果があり、昔から安眠のために使われています。しかし利尿作用もあるので、カモミールティーを飲むと夜中にトイレに行く回数が増えます。アロマオイルならその心配がありません。これらのアロマオイルは不眠に一定の効果がありますが、好みでない香りの場合は無理して利用しないように注意します。嫌いな香りでストレスを溜めると、不眠も改善しません。

不眠に対する非BZ系薬の子供への適応について

不眠に悩む人は世の中に沢山います。大きく分けて不眠の薬はBZ系と非BZ系に分けられる訳ですがこの2つだけの分け方には誤解を無くすという意味において説明が必要です。非BZ系薬といっても実は類似の非BZ系薬というのがあります。そして現在最も処方されている薬の1つでもあります。薬物の構造上異なった分類に分けられてはいるものの、薬効は類似して安全性も高いので最も処方されている薬の1つ、という事になります。ω(オメガ)ー1アゴニストというタイプの薬で超短時間型に分類されます。不眠の中でも入眠はうまくいかないが眠りに入ればあとは朝まで眠れます、という方に向いている薬です。薬効が良い意味で短いため翌朝起きた後もずっと眠たい、という事も少ないです。非BZ系でもう1つ比較的最近登場した薬にメラトニン作動薬というのがあります。人が眠たくなって入眠する時にメラトニンという物質が分泌されますが、その働きを助けるという薬です。作用は一般的に穏やかです。安全性の高さからも子供に処方されやすい薬は非BZ系ではωー1タイプの薬が主流ですが、年齢や体重がありますので服用量は医師と相談して下さい。あと世の中で誤解されているかもしれないことがあります。非BZ系というとバルビツール酸系を想像する方がいるかもしれません。バルビツール酸系は服用量を誤ってしまうと中毒状態を引き起こし死亡してしまうリスクを伴います。安全性の高さから今処方されている薬は、ほとんどがBZ系やωー1アゴニスト系です。昔はバルビツール酸系を過剰に摂取して自殺を図る人がかなりいたのは事実です。今はバルビツール酸系は、睡眠薬としてほとんど処方されることはありません。