不眠解消に役立つ小説は脳を効果的に疲れさせる効果が

明らかに十年前に比べ、仕事量と労働時間が増加した今、頑張る社会人の多くが不眠の症状を訴えています。
人は疲れ過ぎると逆に寝付けなくなる不思議な性質を持っています。
肉体労働で普段から激しい疲労を溜め込んでいる方、随時、神経質な仕事を要求されるデスクワーカーの方などは、仕事柄、不眠症に陥りやすいです。

一睡も出来ない完ぺきな不眠症であれば、即座に医療機関に相談すべきですが、
ただただ寝るまでに時間が掛かるタイプの不眠症状だった場合は、まず個人的な対策を考えましょう。
肉体疲労が原因な方は、きちんとした食事を食べ、適度なお酒とお風呂でじっくりと疲れを癒やしましょう。
豚肉や鶏肉には筋肉疲労の改善効果があり、なかなか筋肉痛や疲労感が治らない時は、世間一般の健康論は一旦脇に置いて、肉食中心の生活を送るべきです。

また一方で神経質な仕事に連日従事している方の場合、肉体疲労による不眠ではなく、心労による不眠症状である恐れが高いです。
そういった方は脳が日中の仕事中から深夜遅くの寝る時間ので、常に緊張状態に置かれています。
深夜遅くまで脳が言わば戦闘態勢になっている事が不眠の原因ですので、気持ちを切り替えるため、
就寝したい時間が訪れたら、脳のスイッチを切り替えるために小説などを読んでみましょう。
気持ちを切り替える効果以外に、小説を読む作業は適度に脳を疲れさせる働きがあります。
ライトノベルからミステリー小説、海外の恋愛小説まで、ジャンルは何でもOKです。

ただあまりスラスラと読めてしまう文体の物だと、不眠が治るまでに読破してしまいますので、
脳を疲れさせる目的で読むなら、あえて自分が苦手なジャンルまたは長文の小説にチャレンジしてみましょう。