不眠対策にパジャマの改善と録音アプリの活用を

不眠は誰もが一度は苦しむ体調不良です。
初めて仕事を始めた時や進学や転職などで新しい環境に置かれた時、人は高確率で眠れなくなります。
専門家のアドバイスでは、人は毎日最低八時間の睡眠が必要と定められています。
近年では睡眠時間を削り、スキルアップのための勉強やストレス解消のためのゲーム時間やテレビ鑑賞に充てる方々がいます。
少ない頻度が健康的への影響は低いですが、夜更かしが常態化すれば、健康に害を受けるでしょう。
生活習慣病と不眠、うつ病と不眠は因果関係がありますので、眠れない日が続いた場合は、重要な病気の前兆と解釈すべきです。

月並みですがパジャマを変えてみるのも良いアイデアになります。
流石に厚手のジーンズや革ジャンなどをパジャマにしている方はいませんが、寒さ対策を理由に厚手のトレーナーやジャージで布団に入る方々は少なくありません。
眠るためには通気性と発汗性に優れた衣類が必要であり、身体が息苦しくないTシャツやハーフパンツなどを選んだ方が眠りに付きやすいです。

また就寝に至る環境も大事です。
一人暮らしの方だと、周囲の環境が静か過ぎて落ち着かず、静寂な環境が逆に寝づらさを誘発する事があります。
スマートフォンの録音アプリを使い、都会の雑踏を記録してみるのもおすすめです。
ファストフード店やコーヒーショップの環境音を録音しておけば、程よい騒がさが寝室に醸し出せます。
電車やカフェだとウトウトするのに、自宅の寝室だと不眠に悩まされる、
そんな方々は、一度あえて騒がしい環境音を録音し、それをスマートフォンで再生しながら布団に入りましょう。
オフタイマー機能を使えば、就寝後はスマートフォンの方も勝手に電源が消えますので、安心です。